太陽光発電と費用

a0002_005121

ここ数年の間に太陽光発電システムを導入する方は非常に増えてきているといいます。

特に東日本大震災が起きた2011年は太陽光発電システムの普及に国が大きく乗り出したこともあって様々な補助金が支給され、国民も災害に対しての備えを忘れないようにするべきという考えや原理食発電への不信感が増大したことでさらに発電システム導入の動きが大きくなりました。

しかしながら太陽光発電システムには少なからずデメリットもあり、それが元となってトラブルが発生することも珍しくは無かったといいます。

太陽光発電システムのデメリットはいくつかありますが、特に大きなデメリットといわれているのが導入費用が非常に掛かるというデメリットです。

一般家庭向けの太陽光発電システムが本格的に販売されるようになった当時の販売価格は平均で1千万円を平気で越えたという話もあるくらい太陽光発電システムは高額で、現在も太陽光発電システムは高いというイメージを持たれる原因にもなりました。

現在販売されているシステムは以前よりもずっと安くなってはいますが、それでも200万円を越えるものが当たり前という状況なのでそう簡単に導入する事が出来るというものでもありません。なので太陽光発電を導入する際は予算に注意しましょう。