設置する発電システムの規模と制度の関係

a0002_005121

太陽光発電システムは比較的導入しやすい再生可能可能エネルギーを利用した発電方法として知られており、非常に多くの方が導入しています。

特に企業が導入するケースが多いそうで、自社ビルの天井に設置するところもあれば専用の土地を用意して大型な発電システムを設置するところもあるそうです。

太陽光発電システムには様々な制度を利用することで利益を得る事が出来るというメリットがあるのですが、このメリットは設置する発電システムの規模によって得られる利益が異なるのでこれから太陽光発電システムを導入するという方は注意が必要です。

太陽光発電システムを導入する事によって利用する事が出来る制度のうち一般家庭と企業で共通している制度に売電制度があります。

この制度は余剰買取制度と全量買取制度の二つがあり太陽光発電システムによって得られる電力が10kw未満だった場合は余剰買取制度を利用する事になります。

余剰買取制度は太陽光によって得た電力の一部しか売却する事が出来ないため多くの利益を得る事が出来ず、全量買取は全ての電力を売る事が出来る分利益は増える代わりに自分で太陽光発電で獲た電力を使う事が出来ないというデメリットがあります。

これから太陽光発電を利用する際はどちらがプラスになるか確認しておきましょう。