環境と発電量の変化

a0002_005121

太陽光発電システムを利用する方が最近増えてきているといいます。

国が太陽光発電システムを普及させるために様々な政策を打ち立てたこともその後押しとなっており、現在も多くの方が太陽光発電システムの導入を決定しているそうです。

しかしそんな太陽光発電システムにも多くのデメリットがあり下手をするとせっかく太陽光発電システムを導入しても大きな利益を上げる事ができなくなる可能性があるので太陽光発電を導入する際はデメリットをどれだけ改善させる事が出来るか考える事が大切です。

太陽光発電システムのデメリットは色々ありますが、やはり環境次第で発電量が変わるという点は非常に大きなデメリットといえるでしょう。

例えばソーラーパネルを設置する屋根に近くに障害物があり屋根に影を作ってしまっている場合はせっかく晴れていても影が太陽光を遮って多くの発電量を確保する事が出来ませんし、パネルの設置する方角がずれているだけでも発電量は大きく減少してしまいます。

こうしたトラブルを避けるには見積もりの段階でソーラーパネルの位置を可能な限り調整したり使用するソーラーパネルを陰などに強いものにしたりと様々な工夫である程度は改善する事が出来るので、太陽光発電システムを導入する際はなるべく注意するようにしてください。