太陽光発電導入に悩む時間はほとんど無い?

a0002_005121

太陽光発電システムを導入することで得られるメリットは地球環境から自分の懐まで実に多岐に渡りますが、その代わりに導入費用が非常に高額というデメリットがあります。

そのため導入を見合わせようかどうか迷っているという方や費用をためているという方は多いかと思いますが、太陽光発電導入に悩む時間はほとんど残されていないといえる状況に陥っているかもしれません。

最近太陽光発電システムのデメリットの一つにメリットが年月が経つにつれて減少していくという要素を加えたほうが良いのではというくらい太陽光発電に関する制度が不利な方向に進んでいるので太陽光発電システム導入にはなるべく早く動き出したほうが良いでしょう。

ここ数年の間は国が太陽光発電システムを普及させるために様々な制度を打ち出していましたが、それらの制度が少しずつ終了に向けて動き出しています。

現に数年前から行われていた国からの補助金は既に終了していますし、太陽光発電によって利益を得る事が出来る売電制度も年度ごとにその買取価格が減少しています。

それに加えて産業用太陽光発電システム導入時の減税制度も来年度には終了するという話があるので、そうならない前に太陽光発電を導入しないと来年度は更にメリットが少なくなってしまうので悩みすぎは禁物です。