売電価格の減少に注意

a0002_005121

太陽光発電システムを導入する方がここ数年の間に一気に増加したそうですが、そのきっかけとなったのが太陽光発電を導入する事によって得られるメリットの一つとして知られる売電制度だそうです。

もしこの制度目当てでこれから太陽光発電システムを導入するという予定だというのであれば出来れば今年度中に稼働段階まで話を進めたほうが良いでしょう。

現在の太陽光発電システムには導入が遅れると利益が減少するというデメリットが生まれつつある状況なので、状況の変化を見越した行動を取る事が求められています。

現在の太陽光発電による売電制度は電力の買取価格が非常に高額に設定されています。

そのため今の段階で太陽光発電を導入すればかなり早い段階で太陽光発電システム一基分の利益を上げる事が出来るらしいのですが、現段階でも電力の買取価格は減少が進んでおり、前年度までは40円台だった買取価格も現在は30円台に減少しており、これから先はもっと価格は下がっていく事がほぼ決定済みといいます。

そのため来年度は更に利益が減少する事が考えられるので、少しでも多くの利益を上げるためにも今から太陽光発電システムを導入して売電制度を利用する事が出来るようにしなければなりません。