安定供給の問題

a0002_005121

太陽光発電システムは再生可能エネルギーの中でもスペースや設置する環境などに大きく囚われない分非常に導入がしやすく、様々な制度のおかげで色々な利益を得る事が出来るなど多くのメリットがあることから非常に高い人気を集めているのですが、残念ながら太陽光発電にはメリットしかないというわけではなくいくつかでメリットもあるので、これから太陽光発電システムを導入するという方はそういった点があることを考慮した上で導入するようにしてください。

太陽光発電システムをはじめとする再生可能エネルギーを利用した発電システムにおける最大のデメリットは安定した電力供給は行えないという点にあります。

太陽光発電システムは当然太陽光が無ければ発電する事が出来ないので、雨が降っている時は晴れの日の発電量の10分の1も発電する事が出来ないといいます。

また北海道など雪が降る地域では冬場の日照時間も減るため発電量は更に減少することでしょう。こればかりは太陽光発電システムの仕様上どうしようもないので太陽光発電システムを導入した後は良い天気が続くように祈りましょう。

その他にもいくつかデメリットはあるので太陽光発電システムを導入する際はメリットだけでなくデメリットにも目を通した上で導入するかどうか決定するようにしてください。